雪嵐 ★★★★

大雪に見舞われたニューヨーク州の街バッファロー。元私立探偵のジョー・クルツは三人組の男に命を狙われたが、返り討ちにした。やがて、彼らの雇い主が以前手助けをした男であることがわかった。ファリーノ・ファミリーの後継者であるその男リトル・スキャグはいま刑務所で服役中だが、姉のアンジェリーナを介して指令を下したようだった。彼女を脅してそれを確かめたクルツは、そこで意外なことを聞かされる。彼女がゴンザガ・ファミリーのドン、エミリオ・ゴンザガを殺したいと思っていること。そして、ゴンザガがクルツの恋人を殺させた当人だという衝撃の事実も。ファリーノ・ファミリーがゴンザガに乗っ取られようとしていることも、後で判明した。この時クルツは、一人のバイオリニストから、娘を殺した犯人を捕らえてくれという依頼を受けていた。だが、強力な権力を持つその犯人はクルツに追っ手を差し向けてくる。それをかわしながら、クルツはアンジェリーナを利用してゴンザガへの復讐計画を整えていくが…。鋼鉄のハートを持つ男ジョー・クルツと、一筋縄ではいかない者たちの熾烈な闘い。鬼才が『鋼』に続いて放つハード・アクション・シリーズ第2作。

2008 年から読み越した本

普段は寝る前くらいしか本を読まないのと、好きな作家の本は読み終えるのが惜しいので、読みかけの本がたまっていく。そんでもって、たまの旅行先で読み終えるというのがここ数年のパターンですな。

で、今読みかけなのが、、 “2008 年から読み越した本” の続きを読む

選べ、もういちど

ダン・シモンズの「エンディミオンの覚醒」より、

「選べ、もういちど」アイネイアーはくりかえした。
「それ、たたき台かい?」
「ううん。これで全部。シンプルにしたの。でも、なんでもいいから、カテゴリーを口にしてみて。それにつづければ意味が通じるわ」
「じゃあ……宗教」
「選べ、もういちど」
ぼくは笑った。

獅子と虎と熊

ダン・シモンズの「エンディミオン」より、

いい質問ね。とうさんがメタスフィアのことを — どういうふうにしてか<虚空界>とつながっている……でなければ、<虚空界>を通じてつながっている、もっと巨大なデータプレーンのことを — 話すときは、いつもこういっていたの。そこには獅子と虎と熊がいるって